青汁ダイエットは繰り返す便秘の解消とお腹デブに効果あり!

青汁を飲む女性

青汁を飲むメリットとその効果、上手に取り入れてダイエットに活用する

青汁に持つイメージってどんなものでしょうか。

緑色をしているために、苦そう、飲みにくそう、でも健康にはよさそうというイメージを持つ人は少なくありません。

 
どうして緑色をしているかというと、青汁の中には、ケールという成分がたくさん含まれていることが多いからですね。

このケールという成分が苦みの原因でもあるのです。

でも最近は味が改善されて、フルーツを混ぜて飲みやすくしたものなどもあるのです。

試した見ると、単に苦いだけの青汁ではなくて、飲みやすい青汁を見付けることもできますよ。

 
そして青汁の成分の中のケールは、ビタミンCをたくさん含み、美肌効果があると言います。

また抗酸化作用があるために血管のアンチエイジングをすることもできるのです。

飲むだけでこれだけの効果が得られるなら嬉しいですね。

 
また青汁の中には、苦いケールに代わって、明日葉や大麦若葉を使用しているものもあります。

この二つもビタミンやミネラルを含み体に良いとはもちろん、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に効果があるのです。

 

便秘の人は、お腹の中にガスもたまりますし、運動も不足しているので、見た目がお腹デブということも少なくありません。

しかし青汁を飲むと、食物繊維が入っているので、腸の動きを改善する働きがあります。

また腸の中の老廃物を出そうという動きをしてくれるので、青汁を習慣的にとるようにしたら、お腹デブを解消するダイエットにも効果的なのです。

飲むだけでも青汁の効果を実感できて、便秘解消にもつながるので、めんどくさがり屋でこれまでダイエットに失敗をしてきたという人にもお勧めのダイエット方法になるのです。

実際に青汁を飲んでみるよう!いつ飲むの?どれくらい飲む?

食生活に気を付けて、自分で自炊をする場合は、まだ食事のコントロールが可能ですが、仕事で忙しい、付き合いが多い、コンビニに行くことが多い、外食で済ませてしまうということが多いとやはりカロリーや脂質の高い物を取りがちになってしまいます。

これらの食事は、体脂肪を蓄積させるとともに、腸内の悪玉菌を増やす原因になるのです。

 
腸内の悪玉菌がふえてしまうと、便秘になったり、毒素が体全体に行き渡ってしまうと、今度は肌への影響も出てくる可能性もあります。

女性にとっては悪玉菌を減らして腸内環境を整えるということが、美肌への効果や便秘解消、そしてダイエットの近道となるのです。

 
では青汁はどのように飲むといいのでしょうか。

まず青汁を飲む時には、サプリと粉末でドリンクにして飲むタイプがあります。

でもお腹デブのダイエットとしてはドリンクタイプがおすすめです。

サプリのタブレットでも成分量が同じなら効果は同じなのですが、飲んでお腹にたまるかたまらないかが大きく違います。

 
もしもダイエットのために飲みたいのなら、ドリンクタイプを飲んでお腹を膨らませてしまう方が、いいのです。

お腹が満たされると、食欲がすこし減退し、食べ過ぎやカロリーの摂り過ぎなどに効果が出てくるからです。

 
もともと便秘症でお腹デブの人のダイエットに効果的な飲み方としては、スティック1本を冷えた水に溶かし、それを朝起きてすぐに飲むということです。

それは朝起きてすぐに飲むと、腸の蠕動運動が活発になるということ。

また冷えたものを飲むと、より蠕動運動が亢進し、便秘を解消する動きが期待できるのです。

 
またお腹がいっぱいになるので、朝ご飯を食べずに青汁に置き換えてダイエットすることもできます。

青汁は飽きる?そんなことはありません。上手に飲んで上手に痩せる!

でも毎日青汁を飲んでいたら、飽きてくるんじゃないのと心配な人もいるのではないでしょうか。

でも安心してください。

青汁は一種類だけではありません。

オーソドックスな青汁もありますし、黒糖や甘味成分の入った青汁もあります。

最近では抹茶テイストで飲みやすく改良されたものもあります。

 
またドリンクタイプはお腹がいっぱいになるし、便秘が解消されてお腹デブダイエットには効果的だけど、少し下痢になってしまうなあという人もいます。

その場合は、タブレットタイプやジュレタイプを飲むことでその悩みを解消することが出来ます。

 
また青汁を飲む時に、牛乳で割ると効果が倍増します。

牛乳も乳製品で腸蠕動を亢進させる効果があるので、便秘解消を目指すお腹デブには必要な食品です。

また青汁を牛乳で割ると、ちょっと抹茶のような飲み口になりまろやかで、飽きてきた人にもおすすめなのです。

 
更にフルーツ果汁の入った青汁もあるので、そのテイストをいくつか選べば、いつまでも飽きずに飲むことが出来るでしょう。

 
青汁の美肌効果や健康維持、アンチエイジング効果を考えたら、毎日習慣としてとりたいですよね。

もしも飽きてきたら、自分でアレンジをしてもいいのです。

バナナとミックスする、青汁を使用したスィーツを作って食べる、ヨーグルトと混ぜるなどアレンジ次第では青汁を長く愛用することは可能です。

 
ただし気を付けたいのは、青汁をあまり加熱しないこと。

青汁は、加熱するとその栄養素が破壊されてしまうので、効果が半減すると言われています。

そのためにできれば冷たい物。またあまり加熱しなくて出来るアレンジ方法を考えたらいいですね。